読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐるぷらぷら

Silence is wisdom when speaking is folly.

夢の行く末

 号泣して起きた。

 夫が余命宣告された夢を見たからだ。

 現実は猫のゲロに「うお!」と叫んだシャワー上がりのバスタオル一枚でいる無駄に良い身体の夫の姿があっただけなのだけれど。

 

 初めての結婚記念日に夫が暮らしていた広島に旅行へ行った。

 お互い大いに酔っ払って飲屋街をフラフラ歩いていた時に、当時勤めていた職場の人に連れてきてもらったというストリップ劇場の前を通った。夫が呼び込みの男性に「女でも大丈夫?」と聞いてくれ、普通に女性も見に来ていると言われたので緊張しながらもワクワクして中に入った。やはり男性ばかりだったが、連れの男性と一緒に来たのであろう女性も数名いた。私より年上の女性ばかりだったが同じ「女」がいるというだけで随分安心した。

 どこで見聞きしたか分からない知識としてあったストリップ劇場の想像通りであった。薄くくすんでいるような床や壁、座席の質感はもう覚えていない。ステージがあって中央には円形の台がせり出している。ああ、これが「盆」かと知らぬ間にあった知識につなぎ合わせた。

 客席の両サイドには各3〜4人のおじさんやおにいさんが立っていて、スタッフかと思っていたらステージの最中に紙テープを投げ、素早く巻き取ってまた投げて巻き取ってを繰り返していたり、ホストの技だと思っていた超絶技巧のタンバリン芸を女子十二楽坊のあの曲に合わせて叩いていたりしていた。その手練れに目の前で美しい姿を魅せてくれているおねえさんよりも目を奪われた。

 もちろん一番前には数人の男性がかぶりつきで見ていて、ポラロイドを撮る段になれば積極的に手を挙げ写真を撮っていた。どの人もニコニコの満面の笑みだった。

  おねえさんはどの方もスタイル抜群で妖艶で、しなやかで美しい踊りをしていたのだけれど、こういってはとても失礼なのだろうが何故だか私にはまったく厭らしさを感じなかった。おねえさんだけではない。劇場の壁に貼ってある卑猥なポスターや、完全アウトなポラロイドを手にニヤけてるおっさんも、後ろの隅の席で座っている浴衣姿の女連れで来ているむっちりとしたおっさんも、ピンクや紫の照明も、さっきのおねえさんが自ら身体に垂らしていた赤い蝋燭の名残も。

 むしろ、紙テープやタンバリンでおねえさんを存分に乗せて美しく輝かせる客と、輝いているおねえさんが大好きで仕方がないかぶりつきの客、その客に満たされてもらう為に輝くおねえさん。

 

 もう、この場を作っている人たちがこの場所を好き過ぎるだろ!

 エロ万歳!ストリップ最高!

 それでいいじゃない!

 たまたまちょっと冷やかし気分で入った私たちのような輩でも優しい目で受け入れてくれているように思えて、すっかり楽しんでしまった。夢心地で気分よくテンション高く小屋を後にしてからはよく覚えていない。真っ直ぐホテルに帰ったのか。いや、私たち夫婦のことだ、どうせもう2軒ぐらい回っている気がする。

 ただあの衝撃的で刺激的な夜は大げさでなく、今でも私の財産の一つとなっている。

 あれから広島へは何度か行ったが、あのストリップ劇場へは足を運ばなかった。さすがに一人旅や友人とでは行く勇気がなかっただけなのだが、いつも存在は気になっていて、そっと近くの道を通って横目で見るだけだった。

 

 そのストリップ劇場が、明日1/31で閉店するらしい。

 今朝見た夫の余命宣告の夢と、このストリップ劇場の閉館が嫌な感じでリンクする。(余談だが「リンクする」というとDA PUMPのあの曲が頭に勝手に流れて来ないだろうか。)

 

 夢で夫は死ななかった。

 何事もないかのように日々を淡々と過ごす私と夫だけれど、フとした瞬間に私は未来のことを考えているが、夫にはもう未来がないんだという現実を突きつけられて悲しみが噴出し、泣いた所で目が醒めた。

 こんな夢を見た理由は分かっている。寝る前に、大病をして生死を彷徨った人の本を読んだからだ。理由が分かっているので悲観的にならなかった。ただ起きて少しだけ夫に甘えた。あまりに盛大な2回目の猫のゲロですぐ我に返ったけれど。

 

 夕方、件のストリップ劇場「広島第一劇場」の閉館のニュースを目にした瞬間いきなり不安に襲われた。

 自分が無職でグウタラな日々を過ごしているので夫に愛想を尽かされやしないかと戦々恐々としている。でもグウタラをやめられない葛藤が余計に妄想を加速させる。

 いつ壊れてもいいようにと心構えをしていないと、いざその日が来た時に耐えられない。そうやってあの広島のストリップ劇場から十数年過ごしてきた。これはもう思考の癖なのでやめられない。でもやっぱり嫌だ。見て見ないフリをしよう、そうしよう。

 

 そう思っていたら猫のゲロがこたつ布団にまでかかっていた。

 干したこたつ布団が乾かないので今の私はとても寒い。今日も夫は帰って来ない。

 

 酒でも飲まなきゃやってられん。

 

 

www.hiroshima-daiichi.jp