読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐるぷらぷら

Silence is wisdom when speaking is folly.

変わっていくことを受け入れられるか

 誰しも変化をしていくのは当然のこと。

 自分の変化は手に取るように分かる。体の衰えや考えの捉え方など自身に対するものから、洋服の好みや付き合う友人、手に取る本や聴きたい音楽、食べたいと思うものまで一年前の自分とは何から何まで違ってくる時もある。一年前の自分とは全てが違う。

 それを何故だか他人は変わらないと思いがち。分かってはいるのだが、どうにも受け入れがたく感じる時があるように思う。あの人のこんな考え方が好きだったのに、あの人のあんな服装が好きだったのに、恋心が醒める一因になるのは大抵こういう事情だ。

 

 恋が愛になり情になった時、もしくは、恋も愛も関係のない時、相手の変化を受け入れられるかどうかはその時になってみないと分からない。私はほぼ受け入れられない類だ。こざっぱりとしていた彼が長期休み明けに丸坊主の鼻ピアス野郎になっていた瞬間に、どうやって接したらいいのか分からなくなる性質だ。友人が「○○が好き」と共通の友人の名を出してきた瞬間に、お互いとどう距離を取ったらいいか分からずものすごく遠くに距離を置く性質だ。友人が参加したセミナーの感想をSNSにアップした瞬間にブロックする性質だ。いや最後のやつは誰しもそうするだろう。

 その変化をどうやって受け止めていいのか分からずに逃げてしまう。シレっと付き合うにはあまりにツッコミどころが多すぎるし、自分が面倒くさいことに巻き込まれてしまう可能性もある。なのであまり人の変化を喜ばしく受け入れられない自分がいる。

 

 ただ、おかしなことに夫についてはそこは不問なのである。聴く音楽の趣味も真逆なら服装の趣味なんてとうてい受け入れられるものではない。それなのに何故だか大丈夫なのは、こちらの変化を意にも介さないからだろうと思われる。

 突然不良になって朝帰りが続いても、酔っ払って転んで血まみれになって帰ってきて爆睡していても、無職になって引きこもっていても、あまり気にしてないように思う。気にしているのだろうが口を出してくることはない。一年に一度ぐらいチクリと言われ居心地の悪い思いをする時はあれど、それぐらいだ。

 ただ毎日せっせと家事をし晩飯を作り待っているのはどうにも受け入れられないようで、今までにないぐらいソワソワ気を使ってくれるのはどういうことだ。そっちのほうが納得いかない。

 

 言いたいのはそういうことではない。

 相手の変化を受け入れられる器を持てるようになるにはどうしたらいいのだろう。もうこうなったら親の育て方の問題にするしかないのでは、と親からしてみたらはた迷惑な考えに至るのだけれど、この問題はあまりに根深い、承認欲求が強過ぎて人の承認欲求まで受け入れられないとかいろいろあるんだろうな。

 

 あの人は変わっていても、まだ私の知っている私の好きなあの人の部分が残っていたらいいのに、それでも新しい関係性を築ける気がしないのは逃げているからで、一度盛大に破壊しないとダメなんだろうな、と重い腰を上げられずにいる。それだけの関係性でしかなかったということ。